• ¥480

発行者による作品情報

「シャンペンだけが人生って思う?」「そう、シャンペンだけだ」

もし何か他人に対してできることがあるとすれば、キラキラしている自分を見せてやることだけだ――。

家族や、ステーキ屋の経営より、日々のテニスに魅せられている地主の一人息子、青木。「テニスコートは完璧だ。余剰も、不足もない」だが、ある日、モデル・吉野愛子に出会い、恋に落ちて、余剰の塊のようなセックスと、不足の象徴のような愛の渇きを体験する。

やがて吉野愛子は去って行き、喪失感のまっただ中で、次の女が現れる...。

シャンパンのバブル(泡)が、80年代末期からのバブルを予兆する長編ラブストーリー。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014
9月12日
言語
JA
日本語
ページ数
475
ページ
発行者
村上龍電子本製作所/G2010
販売元
G2010 Co, Ltd.
サイズ
17.2
MB

カスタマーレビュー

バニヨ

男のすべて

結局これが男の全貌じゃないんだろうか。

443z

本は面白かったんだけど…

龍さんの本は大好きで、昔からほとんど読んでいたんだけど、どういうわけか当時この本は手にとって読んでいなかった。電子書籍という現代のツールがあったからこそ、立ち読みの延長のような気軽さで購入できたというのは、ちょっと面白かったです。
ただ、やはり誤字がありました。せっかく物語にイントゥーしているのに、誤字があると途中で気がそがれます。ほかの本を購入したくても、また誤字があるのかと思うと購買意欲も低下する。どのような工程で校正が行われているのか、逆に興味がわきました。
誤字は明らかにその書籍のクオリティーを下げます。それは電子書籍に限らずですが、徹底してもらいたいですね。

村上龍の他のブック