• ¥300

発行者による作品情報

【ホラー中編】

いつの頃からか母たちは壊れていく。壊れた母は、いくら殺しても蘇える。

衝動に突き動かされ、獣性を抑えきれず、襲いかかってくる母。


娘は自分もいずれそうなるのだ、と諦念にからめ取られながらも、

狂った母を返り討ちにするために武器を手にする。


殺さなければ、殺される。


血に塗れたホラー(スプラッターホラー)の重層構造が母と娘のドラマを描きだす。


*****


──殺さないと。

機嫌のよくなった母を、止めなければならない。

前回は父の当番だった。

そのまた前は弟の番だったが、部活の合宿で出ていたため私が代わった。

ちなみに欲しかったCD二枚で、その貸しはチャラになっている。

父も弟も、どこか泊まれる場所を確保できればいいが。

今日はいきなり母の機嫌がよくなっていた。

普段は予兆があるのだ。徐々に機嫌がよくなっていき、家族は気構えと実質的な準備ができる。

今朝家を出たときには、まったく母の感情に起伏はなかったのに。


明日の晩は、父が楽しみにしている大河ドラマの一挙放送がある。

それまでになんとかしておきたい。

母を殺してしまわないと、のんびりテレビを見ている状況ではないのである。

大河ドラマを録画しようにも、デッキには私が録り溜めているドラマがいくつかあって、余裕はない。

母の歌声が止み、けたたましい笑い声に取って代わる。

機嫌のよくなった母の獣性は、これからエスカレートしていくはずだ。それは毎度のことで、わかり切っていることである。

──大丈夫、殺したところで母はすぐよみがえる。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
42
ページ
発行者
Doncha.net
販売元
tetsuaki iida
サイズ
685.1
KB

日野裕太郎の他のブック