• ¥700

発行者による作品情報

日本の糖尿病治療では血糖値は低ければ低いほどいいといわれている。ところが、2008年2月、血糖値は厳格にコントロールするほうが死亡率が高まるという驚愕の研究結果(アコード試験)が米国で発表された。この発表をうけ、世界の流れは、血糖値は穏やかにコントロールする治療法に変わってきている。それにもかかわらず、日本では依然として厳しい食事制限とインスリン注射を中心とした薬物治療が主流である。こうした日本の糖尿病治療の問題を丁寧に説き明かした一冊。

ジャンル
科学/自然
発売日
2013
3月30日
言語
JA
日本語
ページ数
144
ページ
発行者
KADOKAWA / 角川マガジンズ
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.7
MB