• ¥1,500

発行者による作品情報

本書は、Androidアプリ開発を始めたばかりの初心者の方を対象にしています。

「筆者がソフトウェアエンジニアとなり、Androidアプリ開発を仕事として始めた頃、筆者がこの本に書いたようなアーキテクチャについて解説した書籍を見つけることができませんでした。MVCアーキテクチャやMVPアーキテクチャといった名前は知っていましたが、ModelやControllerといった言葉の意味もわからず、また、それらのアーキテクチャをAndroidアプリ開発にどのように適用したら良いかもわかりませんでした。結局、すべてのコードをActivityやFragmentに書くことになり、ちょっとした不具合を修正するのにも苦労する、保守性に乏しいアプリを作ることになってしまいました。」

本書は著者のこのような経験から、Androidアプリ開発の初心者の方に向けて、アーキテクチャとは何を意味するもので、それをAndroidアプリ開発にどのように適用するのか、ということを初心者にもわかりやすく解説されています。Androidアプリ開発の初心者の方がアーキテクチャについて理解を深めて、実際にAndroidアプリ開発にアーキテクチャを適用できるようになるところまで、サンプルアプリを実装しながら進めていきます。サンプルアプリのコードは、なるべく実践的なものになるよう、実務でよく使われる技術を取り入れています。

本書を読むことにより、MVVMアーキテクチャとは何を意味するものなのかを理解し、MVVMアーキテクチャを用いてAndroidアプリ開発をすることができるようになります。

【目次】

第1章 前書き

1-1 本書について

1-2 想定する読者

1-3 本書の構成

1-4 本書のサンプルアプリにおいて採用する周辺技術

1-5 サンプルアプリの開発環境


第2章 はじめてのMVVMアーキテクチャ

2-1 MVVM アーキテクチャとは

2-2 Model-View-Whatever 

2-3 Model-View-ViewModel

2-4 宣言的UI

2-5 Android のアプリアーキテクチャガイド

2-6 DI(依存性注入)


第3章 カウントアップアプリを作ろう

3-1 プロジェクトの作成

3-2 カウントアップアプリの作成

3-3 はじめてのViewModel

3-4 ViewModel(Jetpack)の導入


第4章 GitHubのWeb APIを使ったアプリを作ろう

4-1 プロジェクトの準備

4-2 Remote Data Source の実装

4-3 Repository の実装

4-4 ViewModel の実装

4-5 View の実装

ジャンル
コンピュータ/インターネット
発売日
2021年
9月3日
言語
JA
日本語
ページ数
105
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
2.4
MB

このシリーズの他のブック

2020年
2016年
2021年
2020年
2020年
2020年