• ¥800

発行者による作品情報

縄文の昔は「まほろば」として栄えた本州最北端の地・青森を歩き、風土に即した生活とは何かを問う。太宰治が悲しき国と嘆いた津軽・南部・下北など、「けかち(飢饉)」に悩まされてきた地に、豊饒の歴史の鉱脈を探る。

ジャンル
歴史
発売日
2009
5月30日
言語
JA
日本語
ページ数
416
ページ
発行者
朝日新聞出版
販売元
Asahi Shimbun Publications Inc.
サイズ
2.5
MB

司馬遼太郎の他のブック

このシリーズの他のブック