• ¥2,000

発行者による作品情報

本書はDartやJavaScriptといった言語ではなく、iOS/Androidエンジニアに馴染みのKotlinやSwiftを用いたクロスプラットフォームアプリの開発方法を紹介します。具体的には、Kotlin/Nativeを利用したケースと、Swift for Androidを利用したケースをピックアップしています。馴染みのある言語で、iOS/Androidどちらでも動くクロスプラットフォームアプリを開発してみましょう。

【目次】

第一部 Kotlin/Nativeを利用したクロスプラットフォームアプリ開発

第1章:Kotlin/Nativeの紹介

第2章:Kotlin/Nativeの実行環境の構築

第3章:Kotlin/Nativeプロジェクトの作り方

第4章:Kotlin/Nativeプロジェクトにおけるテスト実行環境の構築方法

第5章:ライブラリを追加する方法

第6章:既存のプロジェクトに導入していくには

第二部 Swift for Androidを利用したクロスプラットフォームアプリ開発

第7章:Swift for Androidとは

第8章:Swift Packageの共有:開発環境とプロジェクト構成

第9章:Swift Packageの共有:プロジェクトの作成方法

第10章:他のSwift Packageを参照する

第11章:Swift Packageの共有:メリットとデメリット

第12章:Scadeとは

第13章:ScadeのHello World

第14章:Scadeを使ったTODOアプリ開発

ジャンル
コンピュータ/インターネット
発売日
2021年
3月5日
言語
JA
日本語
ページ数
137
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
11.1
MB

このシリーズの他のブック