• ¥550

発行者による作品情報

会計は、多くの有益な情報があふれた宝の山だ!

少しのポイントさえ押さえてしまえば、その会社の経営戦略や事業モデルが数値からどんどん見えてくる。


ユニクロ、しまむら、H&Mをはじめ、イオン、ウォルマートからJRグループまで、

身近な30の企業・業界を題材に、クイズ形式で解き明かす新会計入門。


【目次】


●はじめに


●STAGE1 三越伊勢丹 vs ユニクロ vs しまむら

・規模(売上高)から企業をイメージする

・利益率から企業をイメージする

・三越伊勢丹とユニクロの違いは何だろう?

・小売業で進むSPA化

・一番“儲かっている”のはどの会社?

・高利益率は、SPA企業が吸える甘い蜜

・STAGE1 チェック項目


●STAGE2 ABCマート vs ニトリvs JINS

・SPAの高総利益率は、他の商品にも応用できる

・ユニクロより高い利益率を生み出す企業たち

・SPAモデルの販管費はなぜ高い?

・SPAモデルの在庫はなぜ多い?

・SPA企業の決算書が似ている理由

・STAGE2 チェック項目


●STAGE3 ウォルマート vs H&M

・海外の小売業にも、同じ考えをあてはめてみよう

・EDLPの戦略のカギは販管費

・投資効率の優劣をROAから類推する

・ROAの高い企業、ROAの低い企業

・SPAとEDLP、戦略が決める決算書の姿

・STAGE3 チェック項目


●STAGE4 イオンリテール vs イオンモール

・小売業当てクイズの卒業試験!

・グループへの貢献度が高いのは、イオンリテールか、イオンモールか?

・低いROAの理由を知る

・キーとなる問いかけは「誰が在庫リスクを負っているのか?」

・スタートトゥデイは小売業か賃貸業か?

・STAGE4 チェック項目


●STAGE5 18のメーカーをROAで斬る

・一番儲かっているメーカー、一番儲かっていないメーカー

・利益率と回転率に見る、負の関係

・パラダイス領域に位置するSPA

・なくなりつつあるメーカーと小売業の境界線

・STAGE5 チェック項目


●STAGE6 最後の総合演習は、国内最大の複合企業、JR東日本!

・JR東日本をイメージしよう!

・JR東日本に見る、4つの事業セグメント

・セグメント別に計算する、構成比とROA

・運輸業から拡散する、JR東日本の多角化事業

・JR3社の比較から読む、各社の強さや経営課題

・STAGE6 チェック項目


著者:大津 広一

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2014
2月4日
言語
JA
日本語
ページ数
79
ページ
発行者
株式会社ユナイテッド・ブックス
販売元
United Books Inc.
サイズ
5.2
MB

大津広一の他のブック