• ¥570

発行者による作品情報

歴史小説に新しい時代を画した司馬遼太郎の発想の源泉は何か? 帝国陸軍が史上初の惨敗を喫したノモンハンの戦いを、太平洋戦争を戦車隊員として戦った自身の体験と重ね合わせながらふりかえり、敗戦に至る壮大な愚行に対する一つの視点を呈示するなど、時代の諸相を映し出す歴史の搏動をとらえつつ、積年のテーマ“権力とは”、“日本人とは”に迫る独自な発想と自在な思索の軌跡。

ジャンル
小説/文学
発売日
1980
5月27日
言語
JA
日本語
ページ数
212
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
853.3
KB

司馬遼太郎の他のブック