MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習‪慣‬

    • 1.0 • 1件の評価
    • ¥2,000
    • ¥2,000

発行者による作品情報

「この本を読むと、決算がドラマになる」(ひふみ投信ファンドマネジャー 藤野英人氏)

予約開始直後に3万部増刷の大反響!
+I3
読後の感想も続々届いています。
「決算書が読めるようにはならないかもしれないけど、各企業の成長戦略がわかるようになった」
「決算からビジネスの構造や企業の展望がここまで読み取れるのかと感動した!」
「財務諸表の読み方ではなく、仕事の役に立つ実践的な決算分析のやり方が学べた」

----------------------------------

この本は、会計ルールの詳細や、決算書を読むためのハウツーを説明するものではない。
「数字が読めない」と悩む人のために、無味乾燥な数字の羅列に見える決算書から、
その背景にある業界・企業ごとのストーリーを読み解く術を惜しみなく披露している。

「数字が読めない」と悩む前に、「決算なんて自分には関係ない」とあきらめる前に、
本書にある「ストーリー」だけでも読み流してみてほしい。
本書の内容を丸暗記するだけで、戦略分析のコツが身につき、必ず仕事に役立つはずだ。

本気で「数字が読めるようになりたい」という読者の方は、
本書で紹介している決算分析の「方程式」を実際に使ってみてほしい。
事業の勘所がすぐわかるようになり、世界で通じるビジネス教養が身につくはずだ。

第1章:決算が読めるようになると何が変わるのか?
第2章:ECビジネスの決算
第3章:FinTechビジネスの決算
第4章:広告ビジネスの決算
第5章:個人課金ビジネスの決算
第6章:携帯キャリアの決算
第7章:企業買収(M&A)と決算
終章:決算を読む習慣をつける方法

―掲載している「決算分析」の例―
・Yahoo!ショッピングの「eコマース革命」に学ぶ、ECの収益モデル
・競合他社の斜め上を行く、Amazonという異端児
・SquareとPayPalに見るスマホ時代の決済・送金ビジネス
・「AbemaTV」やZOZOTOWNの「ツケ払い」はうまくいくのか?
・Teslaが今後提供する可能性があるFinTechビジネスとは?
・Facebookがスマホで超高収益になった理由は?
・LINEの将来は広告ビジネスにかかっている!?
・動画配信の王者Netflix「5つのすごいポイント」
・音楽ストリーミングのSpotifyとPandora、未来が明るいのはどっち?
・クックパッド&食べログ、次の伸びしろはどこにある?
・ドコモ、KDDI、ソフトバンクにとって「格安携帯キャリア」は脅威になるのか?
・楽天のM&A戦略、今後の「減損リスク」はどれほどあるのか?

ジャンル
参考図書
発売日
2017年
7月13日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
日経BP
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
75.6
MB

シバタナオキの他のブック

カスタマーはこんな商品も購入

2018年
2014年
2018年
2018年
2017年
2017年