• ¥500

発行者による作品情報

難病患者さんとの出会いふれあいから勇気づけられた著者が、そのお返しに「自分の足で走りながら日本全国の患者さんを励ます」という夢の実現を綴った旅のスケッチ集


1999年7月29日~11月29日、難病の患者さんを励ましながら128日約6,000Kmを走り抜けた市民ランナー澤本和雄。

日本一周という遥か遠い道のり・・・

「患者さんを励ますという夢があるから」最後まであきらめずに走ることができた。

待っていてくれる人を思い、「自分の足で走れることがとてもうれしかった」


30歳からジョギングをはじめた。野山や草原、海岸などの自然の中をゆっくり気ままに走るのが大好きだ。

空や雲、太陽や風、雨、雪、そして木々や草花、小鳥や虫たちがいつも季節の移り変わりを私に教えてくれる。

四季折々の変化を感じながら走るのが、いつしか日課になった。


日頃から日記を書いたり草花をスケッチしたりしていた。

絵や日記を書くことで自分を静かにふりかえったり、見つめ直すことができる。


日本一周マラソンの旅で出会った空や雲、太陽や風、雨、雪、そして木々や草花、小鳥や虫たち

“だれにも媚びずにさりげなく咲く野の花”

“自分の個性、相手の個性を認め合ったうえで、さりげなく自己主張をしているのか・・・”

“流れていく時のどの瞬間も、常に精いっぱい自分なりに輝き続けているように見えた”


日常の中で、見過ごされてしまいそうな“小さないきものたち”が私に生きるヒントを与えてくれたような気がする。


一歩ごとに出会う風景を愛でながら

一歩ごとに待っていてくれる人を思いながら

私は肩の力を抜いて走り続ける

いつしか心の中をさわやかな風が吹き抜けていった

はるかな道のむこうに、

なにも飾らない等身大の自分が待っているような気がした。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2014
2月7日
言語
JA
日本語
ページ数
262
ページ
発行者
松下事務所
販売元
Matsushita Jimusyo Co Ltd
サイズ
26.2
MB