• ¥1,600

発行者による作品情報

オープンデータ運動の世界的な広がりとともに、構造化したデータをウェブでいかに共有するかを定義したLinkedDataという技術にも注目が集まっている。LinkedDataはRDFを扱うデータベースに読み込んで利用する。このRDFのデータモデルのために設計されたクエリ言語がSPARQL(スパークル)である。本書はRDFによるデータ統合とSPARQLについて解説した日本初のリファレンスである。サンプルコードを参考して実際に手を動かしながら、RDFによるデータ統合とSPARQL検索によるアプリケーション開発の基本を学ぶことができる。

【目次】

第1章 なぜSPARQLが必要なのか?

第2章 SPARQLを支える技術

第3章 SPARQLの基本

第4章 SPARQLの言語仕様とクエリ

第5章 アプリケーション開発

第6章 クックブック

Appendix

ジャンル
コンピュータ/インターネット
発売日
2015
11月6日
言語
JA
日本語
ページ数
287
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
12.5
MB