• ¥720

発行者による作品情報

厳しい戒律の中で煩悩に悩む若き仏教僧・柳。

若き僧侶・柳は布団の中でひとり悶々と思う。

「宝屋夫人がしまいこんでいる快楽の要素を、すべて引き出してしまわないうちは、人生の味は感得できないのでは」と。
やがて教団活動と左翼運動の境界に身をおく柳は革命団体の分裂抗争にも巻き込まれていく。

模索する人間の業、そして集団悪――。柳の精神は千々に乱れる。中央公論社で最後の武田泰淳の担当編集であった作家・村松友視氏があとがき解説を特別寄稿。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
10月16日
言語
JA
日本語
ページ数
432
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
1.2
MB

武田泰淳の他のブック

このシリーズの他のブック