• ¥2,200

発行者による作品情報

2012年、パソコンを乗っ取られた人々が、遠隔操作で飛行機の爆破予告や小学校の襲撃予告などを書いたことにされ、うち4人が誤認逮捕されるという事件が起きた。この通称「PC遠隔操作事件」の犯人・片山祐輔は、そもそもなぜ一文の得にもならないこのような事件を引き起こさなければならなかったのか? なぜ警察・検察・メディアは、片山の情報発信にミスリードされ続けたのか? 読んだ人の腹にズシンとくる、560ページ52万字。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2017
5月20日
言語
JA
日本語
ページ数
665
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
3.1
MB

神保哲生の他のブック