• ¥3,000

発行者による作品情報

本書では前提としているモジュールはPyGameだけです。DirectXやOpenGL、WebGLといった高度なAPIは使いません。自分で数式を実装し、その結果をSurface上に描画しながら2Dや3Dのゲームを実装してゆきます。すべて自分の手でプログラミングすることで、数学や物理の基礎に親しむとともに、プログラミングの楽しさを実感してもらうのが本書の狙いです。


本書は3部で構成されています。

【基礎編】では、ゲームプログラミングで使用する速度・加速度、三角関数、ベクトル、行列という数学物理の基本をPythonのプログラミングを通して解説します。物理や数学の法則をどのようにコードに落とし込むか、多くの例を使って説明します。

【2D編】では、【基礎編】での学習を元に、画像処理、物理エンジンのサンプルプログラムを作成します。

【3D編】では、簡単な3Dビューワの実装を通して3D描画の基礎を学んでゆきます。そのあとで、3Dを利用したゲーム(ブロック崩し、迷路、Tiltなど)を何種類か作成します。


本書は「ある程度Pythonを知っていて、PyGameというモジュールを触ったことがある」という方を読者として想定しています。もしPythonやPyGameになじみがない方は、「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」をご覧いただければと思います。

【目次】

【基礎編】

第1章 速度・加速度

第2章 三角関数

第3章 ベクトル

第4章 行列


【2D編】

第5章 画像処理

第6章 物理エンジン


【3D編】

第7章 簡易VRML ビューワ

第8章 3D ゲームサンプル

ジャンル
コンピュータ/インターネット
発売日
2017
3月24日
言語
JA
日本語
ページ数
362
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
36.4
MB

田中賢一郎の他のブック