• ¥2,400

発行者による作品情報

本書は、これから情報通信技術を学ぼうとしている読者や、手早く全体像を知りたいと考えている読者のための概説書です。情報通信技術の進化を追いながら、主要なポイントをQ&A方式で学ぶことができます。数式は極力使用せず、平易な説明を心がけました。

情報通信システム、情報通信ネットワーク、情報通信機器、情報通信技術がどのように働いているのか(How)に加えて、それらが何を目指して(What)、なぜ発明されたのか(Why)についても、丁寧に解説しています。

【目次】

第1章 情報通信前史

1.1 情報通信の始まりとは?

1.2 電気通信の始まりとは?

1.3 無線通信と放送の始まりとは?

1.4 新しいディジタル通信の始まりとは?


第2章 情報通信の信号と電波

2.1 信号の周波数とは?

2.2 電波とは?


第3章 情報通信システムの信号伝送

3.1 信号伝送の仕組みとは?

3.2 PCMの信号伝送とは?


第4章 光ファイバ通信とインターネット

4.1 光ファイバ通信とは?

4.2 パケット通信とは?

4.3 インターネットとは?


第5章 携帯電話システム

5.1 携帯電話システムの進化とは?

5.2 携帯電話の通信の仕組みとは?


第6章 情報理論と符号化技術

6.1 情報理論とは?

6.2 高効率伝送の符号化技術とは?

6.3 高品質伝送の符号化技術とは?


第7章 暗号と情報セキュリティ

7.1 暗号通信とは?

7.2 情報セキュリティとは?


第8章 ソサエティ5.0の情報通信

8.1 サイバーフィジカルシステムとは?

8.2 5Gとは?

8.3 量子情報通信とは?

8.4 AIとは?


付録

A.衛星の軌道

B.対数

C.エントロピー符号化

D.物理学のエントロピー

E.情報の推定

F.誤り訂正符号化技術

G.光量子仮説

ジャンル
職業/技術
発売日
2019年
11月22日
言語
JA
日本語
ページ数
228
ページ
発行者
近代科学社Digital
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
135.3
MB