• ¥850

発行者による作品情報

京都・月読神社で女性の絞殺死体が発見される。翌朝、隣の松尾大社では女性の兄の死体が鳥居に吊される。事件を取材する小松崎良平は、桑原崇と棚旗奈々が一泊旅行のために京都にいると知り、強引に合流する。記紀最大の謎とされる月読命の真の姿とは? 渡来人技術集団・秦氏の悲劇とは? 崇の推理が冴え渡る待望のQED新作。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2016
11月8日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
1.5
MB

高田崇史の他のブック

このシリーズの他のブック