• ¥2,200

発行者による作品情報

記録34号は森山大道がドライブで訪れた秩父(埼玉県)市街とその近郊を写したもので構成されている。

ほゞ毎日、東京都内あちこちをうろつき回って街頭スナップを写している。
そんな日々のなか時折ふと、まるで写真学校の一年生がもつようなとまどいを覚えてしまう時がある。つまり、いったいボクはカメラで何を見ようとしているのだろう?いま写したばかりの写真って何なのだろう?などなど、あまりにも素朴かつ初歩的な??にとらわれてしまったりするのだ。(『記録34号』より抜粋)

50余年もの間、写真に関するさまざまな応答を気持ちの中で繰り返しながらも精力的にシャッターを押し続ける森山大道の今が見れる1冊となっている。

森山大道(もりやま だいどう)/写真家。1938年10月10日。ハイコントラストで粒子の粗い“アレ・ブレ・ボケ”と称される独自のスタイルを確立し、世界的にも高い評価を得る。近年の写真集に『NAGISA』『LABYRINTH』(Akio Nagasawa Publishing)、『犬と網タイツ』『Osaka』『絶対平面都市』(月曜社)など。

Record Vol.34 is composed by the series of snapshots during the short trip to the Chichibu(Saitama Pref) City and on the outskirts of the area.

I am crisscrossing the central Tokyo area taking snapshots in the streets more or less on a daily basis.
Within this routine, every once in a while it happens that I am suddenly overcome by a sense of bewilderment, just like a student in his first year at a photography school. What exactly am I trying to see through the finder of my camera? What is that photo that I just shot? It's questions as utterly naïve and elementary as these that occupy my mind in such situations. (Experts from the original text of Record No.34)

You will witness the current glance of Daido Moriyama based on his half century of activity as a photographer, reacting, recalling his emotions towards “photography” itself.

Daido Moriyama / Photographer
Born October 10th, 1938. His style of grainy, high-contrast images that came to be referred to as are, “bure, boke” (grainy, blurry, out-of-focus) made an impact on the realm of photography worldwide. Latest works are “NAGISA” ”LABYRINTH”(Akio Nagasawa Gallery), “Dog and Mesh Tights” “ OSAKA” “Zettai Heimen Toshi”(Getsuyo-sha) etc.

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2017
8月9日
言語
EN
英語
ページ数
112
ページ
発行者
PLEXUS
販売元
PLEXUS, Co, Ltd.
サイズ
106.4
MB

Daido Moriyamaの他のブック