• ¥720

発行者による作品情報

【谷崎潤一郎賞受賞作】魯迅は、いまさら言うまでもなく、アジアを代表する世界的な文学者の一人です。たとえば、1927年、ノーベル賞選考委員会は上海へ特使を送ってきました。その年の文学賞を受けてくれるかどうか、魯迅の胸中を打診しにきたのです。ところが魯迅は、それから10年とは生きておりませんでした。そしてここに不思議は、彼の臨終に立ち会ったのが、彼の妻と弟のほかは、みんな日本人だったという事実です。日本を心底憎みながら日本人を心から愛した魯迅。それはこの魯迅とその妻と、彼の臨終に立ち会った4人の日本人の滑稽な、しかしなかなか感動的な物語です。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1991
3月10日
言語
JA
日本語
ページ数
220
ページ
発行者
集英社/集英社文芸単行本
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
511.6
KB

井上ひさしの他のブック