• ¥300

発行者による作品情報

「偽善というのは、いい人を演じる行為です。いい人を演じるなんて『行為』は『いい』という概念に対してなかなか攻撃的であり、『いい』というのは、かなり『いい』ので、それを攻撃するなんて、ある意味野蛮な行為だと思います。本当にいい人は、普通、演じることなど思いもよらないでしょう。なので、偽善も野蛮の一部とわたしは考えます」――本文より。大人計画を主宰、芥川賞ノミネート2回、作家として、演出家、映画監督、俳優として、地位も名誉も仕事仲間も愛猫もいる松尾スズキが、心の中に持ち続けたいのが【野蛮人の精神】。レッスン2回目は「偽善」のススメです。イラスト・松尾スズキ【読了時間 23分】

◆目次
「偽善」とは「善の快感」を自覚していること
偽善こそイーブンな関係である
無自覚な善意が人を傷つける
親孝行は「親切」と「偽善」を学ぶための勉強
偽善の目的は「自己肯定」と「世界平和」
善意に酔うな、善意に照れろ
押しつけがましい偽善には「偽善返し」を

◆松尾スズキ・まつおすずき
1962年福岡県生まれ。作家、演出家、俳優、映画監督、脚本家。1988年「大人計画」を旗揚げする。1997年、「ファンキー! ~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞、2001年、第38回ゴールデンアロー賞・演劇賞を受賞。2008年、映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で、第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。「クワイエットルームへようこそ」(第134回)、「老人賭博」(第142回)は芥川賞候補となる。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2013
7月29日
言語
JA
日本語
ページ数
23
ページ
発行者
ブックウォーカー
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.8
MB

松尾スズキの他のブック

このシリーズの他のブック