• ¥550

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

肥満や病気の根源は、「食後高血糖」だった!
糖質OFFの最新

編集部の12人中8人が食後高血糖!?
血糖値をコントロールする食事&日常生活、
そして自宅トレーニング法を伝授します。

糖質制限が健康やダイエットに有効だということは、広く認知されるようになった。
では、そこに大きく関与している「血糖値」についてはどうだろう。
血液内のブドウ糖である血糖の濃度のことで、食後にピークを迎えるのが一般的。
高血糖が続くと肥満に繋がるし、低血糖だと集中力が続かないことも。
血糖値を味方につけることで、我々の生活は大きなメリットを得られるのだ。

特に注意したいのが、「食後高血糖」。食事によって急激に血糖値が上昇し、
膵臓が分泌するインスリンの働きで下降、この乱高下が血糖値スパイクと呼ばれ、
血管をはじめとする我々のカラダに大きなダメージを与えるのだ。
「食後高血糖」や「血糖値スパイク」は、糖尿病予備軍の方の話でしょと侮るなかれ。
フィットネスを愛するターザン編集部で、血糖値スパイクの検査してみたところ、
なんと12人中8人が食後高血糖という驚愕の結果に!
通常の健康診断では正常でも、隠れ食後高血糖の人が大勢いる可能性を改めて認識できた。
では、肥満や病気の根源である食後高血糖とは、どういう状態で、なぜキケンなのか、
そして血糖値を高める糖質とどう向き合っていけば、スパイクを防げるのか。
今日から実践できる具体的な8つのルールとともに、分かりやすく解説していく特集です。

食事に関する学びはもちろん、血糖値をコントロールできるカラダに導くトレーニングや、
お酒との上手な付き合い方、糖質OFFの外食・中食に関する最新ニュースなども紹介。
また、センター綴じ込み企画は、「108品目 糖質含有量HAND BOOK」。
やみくもな糖質制限は今日から卒業、体型や健康改善の第一歩をここから始めよう!

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2021年
11月11日
言語
JA
日本語
ページ数
112
ページ
発行者
マガジンハウス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
69.9
MB

Tarzan編集部の他のブック

2022年
2021年
2022年
2021年
2021年
2021年

このシリーズの他のブック

2021年
2021年
2022年
2022年
2021年
2021年