The Flowers of Evil

    • 2.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

The Flowers of Evil, which T. S. Eliot called the greatest example of modern poetry in any language, shocked the literary world of nineteenth century France with its outspoken portrayal of lesbian love, its linking sexuality and death, its unremitting irony, and its unflinching celebration of the seamy side of urban life. Originally to be called 'The Lesbians', The Flowers of Evil contains the most extraordinary body of love poetry. The poems also pose the question of the role of evil in our lives, of whether there are not external forces working to frustrate human plans and to enlist men and women on appalling or stultifying scenarios not of their own making.

ジャンル
小説/文学
発売日
1867年
1月1日
言語
EN
英語
ページ数
32
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
58.6
KB

Charles Baudelaireの他のブック

1857年
2015年
1867年
2015年
2015年
2018年

カスタマーはこんな商品も購入

1827年
1822年
2014年
1913年
2008年
1900年