発行者による作品情報

The Physiology of Marriage coolly examines the economics and power relationships of seduction and love. Balzac proposes that marriage and the selection of a wife be treated as a science, and examines topics ranging from moral education to methods for foiling adulterous relationships.

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1850
1月1日
言語
EN
英語
ページ数
170
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
122.3
KB

Honoré de Balzacの他のブック