THE3名様(2‪)‬

    • 3.3 • 3件の評価
    • ¥700
    • ¥700

発行者による作品情報

▼第1章▼第1話/アイム・セクシー▼第2話/二人の絆▼第3話/明日なき暴走▼第4話/ちょっと待ってガール▼第5話/パラダイス~愛のテーマ▼第6話/ロックバルーンは99▼第7話/スーツケースの流れ者▼第8話/戦慄の貴公子(前編)▼第9話/戦慄の貴公子(後編)▼第10話/口づけでおやすみ ▼第2章▼第11話/愛と青春の旅立ち▼第12話/あなたのとりこ▼第13話/ラッキー・ラブ▼第14話/風のマジック▼第15話/素顔のままで▼第16話/見つめて欲しい▼第17話/暴虐のハードロッカー▼第18話/僕の歌は君の歌▼第19話/情熱物語▼第20話/愛にドゥーイット ▼第3章▼第21話/星影のバラード▼第22話/追憶の夜▼第23話/愛は翼にのって▼第24話/甘い罠▼第25話/ふたりの世界▼第26話/恋するデビー▼第27話/今夜きめよう▼第28話/俺の回転花火▼第29話/目指せモスクワ▼第30話/弱虫トミー●主な登場人物/ミッキー(森原幹夫。26歳。中学時代、授業中に一人でコックリさんをやって急な高熱を出し、保健室にかつぎこまれた経験あり)、まっつん(松田謙介。26歳。小学生時代、テストの問題文の語尾が必ず「解きなさい」「求めなさい」等の命令形であることに、はやくも教育現場の腐敗を感じる)、ふとし(木村卓也。26歳。去年の大みそかの話だが、3人で初詣に行こうと夜11時にJR池袋駅で待ち合わせをするも、結局2人は寝坊して来ず、イケフクロウの前で年を越した)●本巻の特徴/毎度のことだが、やっぱりまだいた。何をするでもなく、ただなぁ~んとなく、深夜のファミレスで時間をつぶす、ミッキー、まっつん、ふとしの3人。「夢を語らせるだけなら日本一」「大事なことは全部ファミレスから学んだ」「働かないんじゃない…働きたくないんだ」という、ビートルズがもっともおそれた男たちが、ひたすらかったるく、またときには熱く、ゆるゆるの時間の中をたゆたっていく。人生という旅の途中で迷子になった彼らの歴史は、もはやこの店の歴史だ。予想外の反響に、第2集が即登場!!●その他の登場人物/川守くん(ウエイター。「メニューの写真と盛りつけが違う!」と客に怒られ、「お代はいりません」とつい言ってしまい、店長にはもっと怒られる)、浅倉さん(ウエイトレス。19歳の短大生。ちょっとぐらいのミスは笑顔でカバー。釣り銭間違いもご愛嬌。アルバイト三か月めにして、既に川守くんの時給を抜いた)

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2001年
4月26日
言語
JA
日本語
ページ数
128
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
22.7
MB

石原まこちんの他のブック

2022年
2015年
2016年
2015年
2022年
2016年

カスタマーはこんな商品も購入

2008年
2019年
2017年
2017年
2020年
2016年

このシリーズの他のブック

2004年
2004年
2005年
2005年
2005年
2006年