• ¥420

発行者による作品情報

1980年代の東京、深い闇と頽廃、そして、SM嬢たち。


シャンデリアがゆらめくホテルロビーを歩き、シャンペンを飲み、男たちの病理を受け止め、トパーズの指輪を見つめながら、彼女たちは、生き延びるための何かを探し続ける...。


大都市東京を象徴するかのような女性たちを描いたこの短編集は、"TOKYODECADENCE"のタイトルで、著者自身によって映画化された。


電子版では、映画で「サキ女王様」を演じた天野小夜子の、アニメーション化された写真が、表紙と章タイトルを飾っている...。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
9月18日
言語
JA
日本語
ページ数
166
ページ
発行者
村上龍電子本製作所/G2010
販売元
G2010 Co, Ltd.
サイズ
134.2
MB

カスタマーレビュー

hokkairo

単調な中に垣間見える異常

淡々と読み進められる作品だがその単調な展開の中に潜む異常な描写こそがこの作品の肝であるように感じられた
村上龍氏の作品はいくつか読んでいるので性描写や文体などは抵抗なく読むことができたが、そこで引っかかってしまうような方にはおすすめできない

makabe.M

つまんない

これはくだらない!トイレットペーパーにもならない。資源の無駄だし、読めば時間の無駄。200円でも高い。昔読んでがっかりした。

村上龍の他のブック