• ¥520

発行者による作品情報

ハクニール家の本領――ガイアスタイン城。クリスは愛するシャーロックと一緒になるため迫害に耐えていた。その頃、シャーロックは頑なに二人の仲を認めない父アルフレイドに頭を下げ、晩餐会にクリスを招待するまでにこぎつけた。一方、クリスに別れを告げられたリンダは、愛人ヒューバートの娘リコと行動を共にしていた。リコはその無邪気な残酷さを、新たな標的に向けようとしていた…。

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
7月1日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
4.3
MB

青木祐子 & あきの他のブック

このシリーズの他のブック