• ¥1,800

発行者による作品情報

インターネット上のビジネスに欠かせないP2P(ピア・ツー・ピア)技術。その可能性を開拓した「Winny」の開発者・金子勇は、2004年、「著作権法違反幇助」の疑いで逮捕・起訴され、無罪判決が確定するまでに7年半もの年月がかかりました。


本書は、「Winny事件」弁護団の事務局長を務めた壇俊光氏が自身のブログを元に小説としてまとめたものです。日本のインターネット技術の発展に負の影響を残したと言われる裁判の経緯を追いながら、壇弁護士が見た金子氏の人物像、Winnyの核心を語ります。


推薦文は、2ちゃんねる開設者・ひろゆき氏から寄せられました。


【目次】

プロローグ

第1章 捜査弁護

第2章 起訴から公判まで

第3章 1審弁護―前哨戦

第4章 1審弁護―警察証人尋問

第5章 1審弁護―技術立証

第6章 1審弁護―被告人質問

第7章 地裁判決

第8章 控訴審

第9章 高裁判決

第10章 最高裁決定

エピローグ

付録 Winnyをより深く知るための基礎知識

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2020
4月24日
言語
JA
日本語
ページ数
131
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
6
MB