• ¥600

発行者による作品情報

昭和23年1月26日、帝国銀行椎名町支店に東京都の腕章をした男が現れ、占領軍の命令で赤痢の予防薬を飲むよう告げると、行員らに毒物を飲ませ、現金と小切手を奪い逃走する事件が発生した。捜査本部は旧陸軍関係者を疑うが、やがて画家・平沢の名が浮上、自白だけで死刑判決が下る。膨大な資料をもとに、占領期に起こった事件の背後に潜む謀略を考察し、清張史観の出発点となった記念碑的名作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2009
12月25日
言語
JA
日本語
ページ数
250
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.4
MB

松本清張の他のブック