• ¥1,000

発行者による作品情報

【内容紹介】

ケインズが1936年に執筆し、その後の世界経済運営を一変させた『雇用と利子とお金の一般理論』(The General Theory of Employment, Interest and Money)を山形浩生が完全要約。

1929年から始まった世界恐慌を受けて書かれた『一般理論』は、2008年のリーマン・ショックから続く世界同時不況の状況で、さらに有効性を増している。

原文のすべての段落を1段落ごとに要約した「完全要約」とともに、巻末には要約・翻訳の山形浩生自身による解説と、経済学者の飯田泰之による解説を新たに収録。

これまでで一番読みやすいケインズ『一般理論』です。


【目次】

能書き 山形浩生


序文


第I巻:はじめに

第1章 一般理論

第2章 古典派経済学の想定

第3章 有効需要の原理


第II巻:定義と考え方

第4章 単位の選び方

第5章 産出と雇用を決めるものとしての期待

第6章 所得、貯蓄、投資の定義

第7章 貯蓄、投資の意味をもっと考える


第III巻:消費性向

第8章 消費性向: I. 客観的な要因

第9章 消費性向: II. 主観的な要因

第10章 限界消費性向と乗数(ケインズ的公共事業、お金を埋めて掘り返させろと主張する章)


第IV巻:投資をうながす

第11章 資本の限界効率

第12章 長期期待の状態(美人コンテストとアニマルスピリットが登場する章)

第13章 金利の一般理論

第14章 金利の古典理論

第14章おまけ マーシャルやリカードの述べる金利とは

第15章 流動性への心理的・ビジネス的なインセンティブ

第16章 資本の性質についての見解あれこれ

第17章 利子とお金の本質的な性質

第18章 雇用の一般理論再訪


第V巻:賃金と価格

第19章 賃金の変化

第19章おまけ ピグー『失業の理論』について

第20章 雇用関数

第21章 価格の理論


第VI巻:一般理論が示唆するちょっとしたメモ

第22章 ビジネスサイクル[景気循環]についてのメモ

第23章 重商主義、高利貸し法、印紙式のお金、消費不足の理論についてのメモ

第24章 結語:『一般理論』から導かれるはずの社会哲学について


解説 飯田泰之


訳編者解説 山形浩生

1 ケインズってだれ?

2 ケインズは『一般理論』で何をしようとしたのか?

2.1 それまでの経済学とは:基本は放置プレイの古典派経済学

2.2 不景気って何?

3 一般理論の主張とその活用

3.1 一般理論のキモ:財や労働の需要が、お金の需給に左右される!

3.2 IS-LM理論

4 ケインズ経済学の興亡

4.1 ケインズ経済学黄金時代とその崩壊

4.2 古典派経済学の逆襲

4.3 ニューケインジアン

5 リーマンショックとケインズの復活

6 『一般理論』と経済学の未来

6.1 ケインズのご利益とは

6.2 経済学の未来?

7 謝辞

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2011
11月16日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
ポット出版
販売元
Pot Publishing
サイズ
3.5
MB