• ¥600

発行者による作品情報

「また、来るよ」そう言い残して父は女を作って家を出て行った。父親の「男」としての一面を垣間見て、戸惑いを覚える加那子だったが、次第にその存在は遠くなっていった。そんなある日、父危篤の報せが届き――(「暮色」)。女の視点から男を捉え、浮気、略奪、同性愛などの様々な愛の形に秘められた、男の存在の曖昧さを浮き彫りにした、著者の新境地。男と女の不条理を描く五つの物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
6月30日
言語
JA
日本語
ページ数
352
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
756.6
KB

橋本治の他のブック