• ¥1,000

発行者による作品情報

南緯六〇度を東進する桝富の最終案を聞いて、ニュージーランド出漁中の各漁撈長がびびり出した。そんな高緯度を歩いた経験がなかったからだ。……そのへんの海は、氷山が確実に浮いている。

「夜も昼も目を皿にして走った。氷山を四マイル手前で発見したこともあった。そのまま走っていたら正面衝突だった。……」(第四部「決断」より)

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
1992
12月1日
言語
JA
日本語
ページ数
220
ページ
発行者
アドリブeBooks
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.5
MB