• ¥2,200

発行者による作品情報

人間が人間を必要としない時代が来た!

AI革命の本格化で「真の人間力」が試される。
すべてがドラスティックに変わる大転換期に、
あなたの深層心理に潜む不安や恐怖を根本から解消する“魔法の手引書"

プロローグ「ゼロの法則」で意識はどう変わるのか
●これからは女性を中心とした世界観が求められる
●人類は既存の地位と既得権益を手放すことができるかほか

第1章人生の存在目的と存在価値
●出生後の環境で人格形成史が決まる
●人生の共通目的である愛の理想的な家庭とはほか

第2章宇宙意識場と地球意識場
●眠りは死の疑似体験――「質の高い眠り」と「質の低い眠り」
●「欲」は人に求めていく行為、「愛」は人に与えていく行為ほか

第3章地球は贖罪のための牢獄星
●親と子の関係は、霊体と肉体・本心と邪心の関係
●正常細胞と癌細胞の決定的な違いほか

第4章戦争のない世界を実現するために
●「憾み」と「恨み」の違い
●愛を奪い合う夫婦と愛を与え合う夫婦ほか

第5章女性主権で世界を一家族に転換する時代
●地球内生物は性の分化と共に進化を遂げてきた
●最小単位のコミュニティーである夫婦が世界のコミュニティーを形成するほか

第6章「エントロピー相対性の法則」とは「ゼロの揺らぎ理論」
●宇宙は相反するものがバランスをとって存在している
●宇宙は時間軸という概念がありませんほか

第7章意識はゼロの揺らぎの中心存在
●デジタル意識とアナログ意識
●地球の大気空間では摩擦と葛藤の係数が大きく意識の思い通りになりがたいほか

第8章ゼロ波動生命意識体は永遠に持続する
●「肉体の死生観」は「時間軸の呪縛」から解放されていない
●「アナログ生命体」から「デジタル生命体」に意識を転換するほか

第9章次元統合と次元支配の原則
●心の豊かな人たちは、毎日より良い存在価値を創造するために意識を使う
●「私の意識」は永遠に不滅で「有って在るもの」ほか

第10章普遍相対性理論による霊性進化と生命転換の法則
●「金持ちが天国に入るにはラクダが針の穴を通るよりも難しい」
●「ごめんなさい」は最も美しく価値のある言霊ほか

ジャンル
健康/心と体
発売日
2020年
11月25日
言語
JA
日本語
ページ数
382
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
6.6
MB

宇場稔の他のブック