• ¥880

発行者による作品情報

阪神淡路大震災。

震度7の直下型地震。

突然、襲われた非情なほどの揺れは、町を無惨に壊滅させた。

身を包む服も、タオル一つさえ持ち出す時間を与えてくれず、どこかから起きた火の手は、我が家諸共、住み慣れた町を焼け野原に変えてしまった。

途方にくれながら、寒さに震え、我が家が燃える火にあたり暖をとる。

なんという光景だろう…。


何もかも失った私たち家族。

でも、本当に大切なものはより強く、深く、手に入れた。

人は何もかもを失ったとき、本当の人の優しさに触れることができるのかもしれない。


震災のとき、私はたくさんの方に助けていただきました。

親、きょうだい、ご近所の方、同僚、友人…中には、ただの知り合いから、家族のような関係になった方など、本当にたくさんの方が私たち親子を支えてくれました。

物質的なものは全て焼かれ、失ってしまったけれど、人間にとって、一番大切なものは、物ではなく、人と人とのつながりなんだと、噛みしめ、そして手に入れ、確かめた思いでした。


人間関係が希薄になっていると言われる現代ですが、本当に大切なものは、時代が変わっても、変化するものではありません。


ともすれば、友達と遊ばず、ゲームで遊ぶことを優先しようとする現代っ子たち。

習い事に忙しく、本気で友達とケンカができない子どもたち。

自分の気持ちを押さえ込み、よい子であろうとしている子どもたち。


もっとのびのびと遊ぼうよ!

そして、いろんな友達作って、ケンカして、笑って…。

人とつながる幸せを実感して欲しい。


きっと、それがあなた達の心の金メダルになると思います。

【目次】

第1章脅威の阪神・淡路大震災発生

第2章震災当日の混乱

第3章震災翌日

第4章震災翌日から1カ月

第5章震災後1カ月〜8年

第6章震災後8年〜21年

ジャンル
科学/自然
発売日
2016
11月25日
言語
JA
日本語
ページ数
101
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
6.9
MB

このシリーズの他のブック