• $55.00

Descripción de editorial

坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された小説家である太宰治の短編作品。昭和初期「慢性パビナール中毒症」の病名で入院していた一カ月間の病床体験が日記形式で描かれており、「人間失格」の原型になったともいわれている。

GÉNERO
Ficción y literatura
PUBLICADO
2018
enero 19
LENGUAJE
JA
Japonés
EXTENSIÓN
20
Páginas
EDITORIAL
ゴマブックス株式会社
VENDEDOR
Goma-Books Co., Ltd.
TAMAÑO
111.5
KB

Más libros de 太宰治