怪奇四十面‪相‬

    • 9,99 lei
    • 9,99 lei

Publisher Description

「透明怪人」の事件で、名探偵、明智小五郎に、正体を見やぶられた怪人二十面相は、そのまま警視庁の留置場に入れられ、いちおう、とりしらべをうけたのち、未決囚として東京都内のI拘置所に、ぶちこまれてしまいました。

二十面相といえば、これまでに、なんどとなく、牢やぶりをして、逃げだした怪物ですから、拘置所でも、とくべつの注意をして、もっとも、見はりにつごうのよい、げんじゅうな独房(ほかの人といっしょにしないで、ひとりだけ入れておく牢屋)をえらび、ふつうの見はりのほかに、ふたりの看守が、交代で、夜も昼も、たえまなく、その独房のまえに、立ちばんをすることになりました。

  • GENRE
    Fiction & Literature
    RELEASED
    2018
    9 February
    LANGUAGE
    JA
    Japanese
    LENGTH
    154
    Pages
    PUBLISHER
    Inoolo
    SIZE
    2.8
    MB

    More Books by Ranpo Edogawa

    2016
    2022
    2021
    2021
    2021
    2021