銀幕世界への移住。我が放浪の記録。 銀幕世界への移住。我が放浪の記録。

銀幕世界への移住。我が放浪の記録‪。‬

    • 29,00 kr
    • 29,00 kr

Utgivarens beskrivning

新潟県の豪雪地帯の津南町に生まれ育ち、小さいころは母と観た欧米のモノクロ映画に影響を受け、異国文化に好奇心を持ちました。80年代前半に上京してからはその好奇心が関心ごとへ変わります。聴く音楽は洋楽、観る映画は洋画一辺倒だったあのころ。東京では外国語も酒もダメな自分でしたが、外国人の集まるバーに出かけたりレストランへ行ったりと、とにかく「異文化」に触れたかったあのころ。外国人の集まる場所はまるで母と観た映画の世界へ舞い込んだようなところだった・・。その世界での私は内気で、いつも隅のカウンターテーブルに座っていました。田舎育ちの私は、自分がどこまで海外で通用するのか体験してみたくなったのもそのころ。会社勤めだったので、好きにできるお金もできた。よし、海外へ行こう!そう決めたのが1985年ごろでした。

海外放浪時に書いたメモと日記が2009年にアメリカへ送った荷物から見つかり、読み直していると、放浪は数カ国へ渡り、色んな出来事(波乱万丈)があったものだと改めて思ったものです。その記録を残しておきたいと思い、筆を取ったのが長女が生まれた2010年の夏。途中数年間中断しましたが、長男が生まれた2015年に書きためた回想録を携帯でも読めるデジタル本にしようと思い、編集作業を始めました。最初の放浪からすでに30年以上が経ちました。メモ、日記、残っていた写真、小物、そして記憶を頼りに、海外へ好奇心を持ち始めた幼少期から現在までの道のりをたどるにつれ、眠っていた記憶が鮮明に蘇りました。同じ様なご経験をされた方、これからやってみようと思われている方、海外へ憧れを持っていらっしゃる方、アメリカの事を知りたい方、私の物語を読んでやろうと思われている方へ。

I was born and raised in Tsunan-machi, Niigata Japan where heavy snowfall area.

I was curious about foreign cultures when I was young and influenced by Western black and white movies I used to watch with my mother. After moving to Tokyo in the early 80's, the curiosity changed into an interest. The music I used to listened to was the Western music and the movies I used to watch were all Western movies.

In Tokyo, I wasn't good at both foreign languages ​​and drinking, but I used to go to a bar where I was able to meet the people from abroad. That bar was almost like the one in a movie that I used to watch with my mother. In that world I was shy and always sitting at the counter table in the corner. I know grew up in the countryside therefore I wanted to have experience in overseas to break my own egg shell. I decided start my journey in 1985.

Recently I found a memo and diary that was written when I was traveling abroad from a baggage I sent to the US in 2009. (I moved into the U.S in 2009)  I wanted to keep that record (digitally) and I started writing about my journeys in the summer of 2010 when my eldest daughter was born. 

More than 30 years have passed since the first journey. A journey from my childhood to the present was revived clearly now. 

This book is dedicated to those who have the same experience, those who are going to try it, those who have a longing to go abroad and for those who want to know about the United States.

GENRE
Biografier och memoarer
UTGIVEN
1210
18 januari
SPRÅK
JA
Japanska
LÄNGD
169
Sidor
UTGIVARE
KATSUMI YAMADA
STORLEK
20,9
MB