源氏物語 第四十一帖 幻 雲隠 源氏物語 第四十一帖 幻 雲隠

源氏物語 第四十一帖 幻 雲‪隠‬

    • $2.99

    • $2.99

Publisher Description

「プレバト!!」で大人気の俳人 夏井いつき先生 推薦



『源氏物語』全五十四帖 与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、

オーディオ化しました。



近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その 帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。その晶子の歌もすべて収録しています。



源氏物語のあらすじ&ブログ

https://ohimikazako.wixsite.com/kotonoha/blank-10



第四十一帖 幻 まぼろし

光源氏 五二歳



大空の日の光さへつくる世の

やうやく近きここちこそすれ


年が改まり、六条院に春がめぐってきたが、光源氏の悲しみの心は晴れることがない。

四季を通じて、紫の上を偲び、自己の人生の回顧にふける源氏は、その年の暮れに身辺を整理し、紫の上からの手紙も燃やす。そして、いよいよ出家の志を固めるのだった。



雲隠 くもがくれ


かきくらす涙か雲かしらねども

ひかり見せねばかかぬ一章


この「雲隠」は、巻名のみ残っているが本文は存在しない。死を暗示する巻名のとおり、光源氏はここで生涯を閉じている。

GENRE
Fiction
NARRATOR
岡崎弥保
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
00:48
hr min
RELEASED
2022
April 19
PUBLISHER
パンローリング株式会社
PRESENTED BY
Audible.com
SIZE
41.9
MB