「どんな人でも動いてしまう」魔法の文書‪術‬

    • 4.0 • 1 Rating

Publisher Description

年間7億生み出すプロの技を一挙公開! 

一生使える文章力が身につく。 


〜From 青木宏樹〜 


はじめに、少しだけ自己紹介をしたいと思います。 


私は実家が工務店だったこともあり、 

建築会社で現場監督として働いていました。 


建築士や宅地建物取引士の資格も取得していましたし、 

同年代に比べて良い給料も貰っていました。 


しかし、自分がやりたいことでは無いと気付き、 

友人の紹介で福岡の飲食店へ修行をしに行きました。 


夢を持って挑んだはずの飲食業ですが、実際は時給300円で 

こき使われる社畜のような生活が待ち受けていました。 


毎日朝9から翌朝3時まで働き、身体もボロボロになりました。 

それでいて、給料はいっこうに上がりません。 


このままではダメだと思い、横浜に戻って物品販売業を始めたのです。 


お陰様で現在は軌道に乗り、不動産投資アドバイザーや 

起業支援などの仕事にも従事し、充実した日々を過ごしています。 


これからは、今までの苦労や起業した経験などを活かし、 

仕事で苦しむ人を1人でも多く救えればいいなと思っています。 


私自信は起業することで人生が好転したので、起業を勧めたい気持ちはあります。 


しかし、誰にでも簡単に起業をおすすめする訳にはいきません。 

各自の生活がありますし、起業することが正解だとは限りません。 


ただ、起業するにしても、しないにしても、成功する為に必要な 

ノウハウというのは、誰にでも役に立つので、知っておいて欲しいと思います。 


そのノウハウの1つが「伝える力」です。 


商売をする上では、商品の魅力を伝えてお客様に買ってもらう必要があります。 


変な話、「伝える力」さえあれば、どんなに魅力の無い商品でも売ることができます。 


売れる営業マンと売れない営業マンがいるのは「伝える力」の差です。 


その「伝える力」の中で一番難しいのが「ライティング」です。 


スピーキングであれば、相手の理解を確かめながら 

進めることができますが、ライティングはそうはいきません。 


下手な文章を書いてしまえば、相手は理解できないままです。 


逆に、一度文章が上手く書けてしまえば、 

永久にその文章で何かを伝え続けることができるのが、ライティングの魅力です。 


文章が上手ければ、そこから商品を売ることができます。 


一度書いた文章で、お金を生み続ける環境だって構築することができます。 


そんな人を動かせる文章を書けるようになりたいとは思いませんか? 


ここでは、年商7億稼ぐ社長のゴーストライターが、 

文章を書く上で気を付けていることを項目別に上げています。 


ここで紹介するスキルで年商7憶が実際に生まれています。 


是非、あなたにも、文章でお金を稼げるだけのスキルを身に着けて欲しいと思います。 


【目次】 


■はじめに 


■第1章 文章が上達すると、なぜ、お金と時間が手に入るのか? 

・文章だけで人は動かせる 

・文章が書ければスピーキングも出来る!  

・読者は途中で読むのを止める 

・買わないといけない理由が分かれば読者は買う!  


■第2章 読みやすさを劇的に改善する5つのメソッド 

・長文よりも短文の方が伝わりやすい 

・主語を書くだけで分かりやすさは変わる 

・小学1年生に分かる文章で書く 

・自分らしく表現できているか 

・読者と会話しているように書く 


■第3章 読者を引き込む文章の書き方 

・ストーリーのある文章は相手の脳を洗脳できる 

・目的が明確になっていると行動しやすい 

・強制すると読者は逃げる 

・伝えたいことは1つに絞らないと伝わらない 


■第4章 読者を動かす売れる文章の特徴 

・五感に訴える表現力を身につける 

・痛みや損を伝えて購買意欲をそそる!  

・「みんなと一緒」は購買意欲に繋がる!  

・ベネフィットが入っている 

・興味をそそれば読者は付いてくる 


■第5章 最後に確認したい6つのチェック項目 

・意味の無い一文がないか 

・根拠のある裏付けが書かれているか 

・重要なことは言葉を変えて複数回説明しているか 

・「なぜ今すぐ行動すべきか」を明記しているか 

・見込み客に対する質問は誰もがYESとなる質問か 

・1人のターゲットに伝えているか 


■あとがき 


【著者プロフィール】 


青木 宏樹 (あおき ひろき) 


株式会社IP five代表 

不動産投資アドバイザー 

資格 建築士、宅地建物取引士 


1986年 横浜生まれ 

家業が工務店だったこともあり、建築会社に就職し、現場監督として従事する。 

その間、建築士と宅地建物取引士の資格を取得する。 


10年間働いた後、友人の紹介で、福岡で飲食店を経営する。 


しかし、理想と現実のギャップに気付き、横浜にもどり、物品販売業を始める。 


現在は、建築業界にいた知識を生かし、不動産投資アドバイザーとして活動している。 

また、起業して1年半で、年収4000万円を達成している。

GENRE
Business & Personal Finance
RELEASED
2018
June 2
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
35
Pages
PUBLISHER
IP パブリッシング
SELLER
KentaroOkawa
SIZE
1.3
MB

More Books by Aoki Hiroki

2019
2018
2019
2018
2018
2019

Customers Also Bought

2018
2018
2018
2018
2018
2018