Publisher Description

この一連の文は、本にしようなどと思って書いたのではなく、父が自分自身の為に書いた、ほんのなぐり書きのようなものです。ただそれだけに、父の素直な気持ちがあらわれているのではと思い、以前に書き綴っていたものと合わせ、一冊の本にまとめてみました。「そういえば、こんな男がいたなあ」などと、思い出していただければ、彼岸で父も笑っていることと思います。

——長女・早春

GENRE
Humor
RELEASED
2016
July 18
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
172
Pages
PUBLISHER
イーテキスト研究所
SELLER
eText Lab Inc.
SIZE
4.3
MB