• $1.99

Publisher Description

詩集を中心に、中原中也の傑作96作品を掲載しています!

中原中也は大正から昭和にかけて活躍した日本の詩人、翻訳家です。

代々開業医である名家の長男として生まれ、跡取りとして医者になることを期待されましたが、8歳の時に弟が病死したことで文学に目覚めました。

中也は30歳の若さで死去しましたが、生涯で350篇以上の詩を残しました。

目次

(あなたが生れたその日に)
アンドレ・ジイド管見
在りし日の歌
別離
亡弟
坊や
文学に関係のない文学者
地上組織
近頃芸術の不振を論ず
デボルド─ヷルモオル
(概念が明白となれば)
玩具の賦
芸術論覚え書
ヂェラルド・ド・ネルヴァル
萩原朔太郎評論集 無からの抗争
春の日の怒
非文学的文士
干物
一つの境涯
星とピエロ
一度
医者と赤ン坊
金沢の思ひ出
感情喪失時代
感想
河上に呈する詩論
家族
菊岡久利著「貧時交」
近時詩壇寸感
小林秀雄小論
校長
コキューの憶ひ出

曇つた秋
暗い天候
草野心平詩集『母岩』
桑名の駅
Me Voila
宮沢賢治の世界
宮沢賢治の詩
宮沢賢治全集
宮沢賢治全集刊行に際して
撫でられた象
(七銭でバットを買つて)
夏の夜の博覧会はかなしからずや
夏と悲運
夏と私
夏は青い空に……
思ひ出す牧野信一
音楽と世態
(女)
幼き恋の回顧
酒場にて
作家と孤独
寒い夜の自我像
山間秘話
散歩生活
三等車の中(スケッチ)
西部通信
青年青木三造
生と歌

死別の翌日
詩壇への抱負
詩壇への願ひ
詩人は辛い
深夜の峠にて
詩に関する話
心理的と個性的
新短歌に就いて
詩論
詩集 浚渫船
詩と現代
詩と詩人
詩と其の伝統
書信
小詩論
その一週間
早春散歩
タバコとマントの恋
高橋新吉論
トリスタン・コルビエールを紹介す
疲れやつれた美しい顔
(辛いこつた辛いこつた!)
海の詩
我邦感傷主義寸感
我が生活
我が詩観
分らないもの
山羊の言
山羊の歌
夜汽車の食堂
よもやまの話
夭折した富永
良子
逝ける辻野君

GENRE
Fiction & Literature
RELEASED
2018
June 17
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
1,025
Pages
PUBLISHER
Micpub.com
SELLER
PublishDrive Inc.
SIZE
8.9
MB

More Books by Nakahara Chuya

Other Books in This Series