• $4.99

発行者による作品情報

墓を暴いて、死人の首を刎ねる。

1845年、オーストリア帝国最貧の地、ガリチア。

若い妻を連れて寒村ジェキに赴任したゲスラーは、かつては文学を志したこともあり、土地の領主で詩人でもありポーランド独立の夢を捨て切れないまま逼塞しているアダム・クワルスキとの交流を楽しみにしていた。

だが赴任と時を同じくして村では次々に不審な死が発生し、村人は土俗的な吸血鬼の影に怯えるようになる。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
5月1日
言語
JA
日本語
ページ数
255
ページ
発行者
Tamanoir
販売元
Sato Aki
サイズ
205.9
KB

佐藤亜紀の他のブック