• $2.99

Publisher Description

あなたなら、

紛争地帯に足を運ぶことは出来ますか。

死と隣り合わせの生活は可能ですか。

疎開生活を想像できますか。

乏しい食事を7年近く続けることは出来ますか。


1945年8月15日、日本は戦争をやめました。

日中戦争から数えると8年。太平洋戦争からはおよそ4年。

長い長い戦争状態がやっと終わった日。

2014年は69回目の終戦記念日です。


つまり、

終戦直前に生まれた人でも69歳になられています。

戦争を現役世代で経験した人ならば90歳近くになるのです。


この本は戦前、戦中、戦後を生きた作家たちの目を通し、太平洋戦争を感じられるようになっています。


収録作品――


『シベリヤの三等列車』林芙美子

「放浪記」の林芙美子が満洲事変後のシベリアを旅しています。


『死と鼻唄』坂口安吾

「堕落論」の坂口安吾が、戦争と死を論じます。


『三年』斎藤茂吉

歌人、斎藤茂吉が疎開生活、終戦から三年の東京を描きます。


『ともしい日の記念』片山廣子

翻訳家、松村みね子でもある筆者が、戦中戦後の食生活を思い出します。


戦争って何だ。

あなたは、戦争を知っていますか。

あなたは、体験した人に直接戦争を聞いたことはありますか。

GENRE
History
RELEASED
2014
August 12
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
65
Pages
PUBLISHER
GF-Ray Design Center
SELLER
Hiroyuki Eiha
SIZE
1.2
MB