農耕と園芸2023年秋号 農耕と園芸2023年秋号

農耕と園芸2023年秋‪号‬

    • $10.99
    • $10.99

Publisher Description

特集1 ネギの安定生産と病害虫対策

濃緑色葉ネギ品種を活用する夏季の小ネギ栽培について、秋冬どりネギのリン酸減肥栽培、ハゼリソウを植栽した秋冬ネギ圃場における土着天敵を活用したネギアザミウマの防除、カラシナ「辛神」を栽培してネギ黒腐菌核病対策、以上4つの記事を掲載。

特集2 葉菜類の栽培技術-ホウレンソウ・ブロッコリー・キャベツ-

夏ホウレンソウ栽培における内張クロス自動遮光技術の開発、冬期に収穫する露地ホウレンソウの軟弱野菜調製機への適応性、夏播きブロッコリーの1穴2粒播き栽培技術、キャベツ栽培後の緑肥活用高冷地夏秋どりキャベツ産地における輪作体系、以上の技術情報を掲載。



◆【産地取材・特別ルポ1】夏ネギの生産量日本一 初夏ネギ品種「白翠」を導入した 茨城県坂東市・JA岩井のネギ栽培 古矢優貴さん

◇【産地取材・特別ルポ2】コマツナとキクを同じハウスで栽培 福岡県田川市(株)マム・ランド 冨士本 稔さん

◆【取材】千葉大学宇宙園芸研究センター始動!

◇【取材】第44回施設園芸総合セミナー 第1部 後編 SDGsに対応した施設園芸の課題と展望

◆【取材】タキイ種苗(株)千葉パックトライアル2023リポート

◇【取材】第5回獣がいフォーラム 獣がい対策の新展開 後編

◆【取材】第65回東京都野菜・花き種苗改善審査会「露地ペチュニア」の部

◇【連載】新品種紹介 ウエキ交配 ネギ 龍のぼり

◆【連載】クローズアップ農業最新技術 ハチ類に替わるイチゴの花粉媒介昆虫としてヒロズキンバエの可能性を探る

◇【新連載】インタビュールーム 2023年園芸学会奨励賞受賞 千葉大学大学院園芸学研究院 助教 齋藤隆徳さん

◆【連載】渡辺和彦の篤農家見聞録 「リン酸の葉面散布でナスを安定生産!」

◇【連載】CATCH UP 天敵を用いたナスのIPMの現状と展望

◆【連載】花き研究の最前線 花の持つ機能性(3)~汚染物質・浄化能~

◇【連載】新花き探索 セスバニア・トメントサ

なるほど園芸用語 一斉開葉と順次開葉

◆【連載】改訂版ワンポイント花き育種学講座 第7回 種間雑種の倍加・種間雑種に出現しやすい3倍体

◇農業経営のお得な情報! 上手にお金を貯める話 Q:妻の給与には103万円や130万円の壁 があるって、本当?

◆農のサイエンスQ&A Q:野菜類の養分欠乏の見分け方は?

◇市場情報 野菜【関東】チンゲンサイ 【関西】セロリ

◆切り花【関東】ケイトウ 桐生 進 【関西】スターチス 伊豆元孝聡

◇鉢物【関東】カンキツ類 木村英明 【関西】デンファレ 大石直弘

◆果実【関東】日本ナシ 佐々木奈穂 【関西】シャインマスカット 新開茂樹

◇【連載】寺本卓也の農てんき-今年の台風は強くてしぶとい?-

◆野菜作り1年生

GENRE
Business & Personal Finance
RELEASED
2023
August 23
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
131
Pages
PUBLISHER
誠文堂新光社
SELLER
Mobilebook.jp, Inc
SIZE
113.3
MB

More Books by 農耕と園芸編集部

農耕と園芸 2024年3月号 春号 農耕と園芸 2024年3月号 春号
2024
農耕と園芸2023年冬号 農耕と園芸2023年冬号
2023
農耕と園芸2023年夏号 農耕と園芸2023年夏号
2023
農耕と園芸2023年春号 農耕と園芸2023年春号
2023
農耕と園芸2022年冬号 農耕と園芸2022年冬号
2022
農耕と園芸2022年秋号 農耕と園芸2022年秋号
2022