Publisher Description

「地上の女神よ、もっともっと世界へ羽ばたけ」 


ヒーラーやエステティシャン、ヨガティーチャー、 

クラシックバレエ講師、飲食店経営、起業コンサル、物販などの仕事で 

この17年で1万人以上の方々とご縁がありました。 


現在はヒーラー、スピリチュアルティーチャーとして活動し 

現在は、 

地上の女神   全てを許しお相手を神に覚醒させる聖母 

人間的制限を外し魂の望みへ向かわせるドラゴンマスター 

霊障解消シャーマンエンジェルとして覚醒 


2019年はこの電子書籍に挑戦し、 

スピリチュアル専門誌 anemone にも掲載されました。 


今まで、 

世間的には成功している方 

現状に満足できない 

心身を病んでる方などいろいろな方々に出会うなか 


私が気づいていたのが、 

「何かや誰かに遠慮して自分を表現して生きられない」 

「自信がなくてどうしたらいいのかわからない」 

「人間関係やお金に悩みすぎている」 

「自分を愛する意味がわからない」 

と思いながら生きている方々が多い事。 


周囲の人間関係にがんじがらめになって、 

誰かの期待に応えるためにやりたいことができない人が多すぎる事でした。 


そもそもあなたが誰かの期待に応えることに何か意味がありますか? 


誰かの期待に応える人生を今すぐやめましょう。 


特にご両親、ご主人。あなたの一番そばにいる家族です。 

近い存在であればあるほど、私達は自分を悲しくも家族のために見失います。 


「母親がこう言うから」 

「子供が可哀想だから」 

「この家に嫁いだから」 

「言う通りにしておけば楽だし、喜んでもらえるから」 


だから、自分は我慢する。 


自分さえ我慢すれば。何も言わなければ空気乱れないから。 


誰も悲しまなくてすむから。 


本当に、本当にそれでいいんでしょうか? 

本当にその考えはあなたにとっての正しさでしょうか? 


誰かの正しさを、自分の正しさだと 

思い込んではいないでしょうか? 


何のために我慢しなくてはならないのでしょうか? 

その考えは、本当に大切な周りの人の為になっているんでしょうか? 


私には自閉症の息子がいる。 


息子に私が教えているのは、 

「自分こそは生まれてきてよかった」 

「自分こそ、他の誰とも違う、唯一無二の素晴らしい存在」 

と感じることができる自己愛の能力。 


自分のやりたいことをやる勇気と決断。 

嫌なことを断る勇気と決断。 

人の顔色を伺わない勇気と決断。 


周りに振り回されずに、自分の人生を生きる勇気と決断。 


そして私は、このように生きられる人を「地上の女神」と呼んでいます。 


私は今「地上の女神」を増やす活動をしています。 


男性女性を問いません。性は関係ありません。 


自分の本当の気持ちを知っている。 


私達はもともと完全であり、 

人間として産まれ制限を設けたからこそ、 

完全ではない自分をありのまま見る。 


自分が本当にやりたいことを知り、それをやる勇気と決断を持つ。 


このように生きたいと思いますか? 

ですが、このように生きる事は、 

何度も言いますが勇気と決断が必要です。 


「見たくない自分」を見なくてはならないからです。 


乗り越えたら、またきて、また自分と見つめ合い、 

見たくない自分を見て苦しみ、 

また乗り越える。 


これを繰り返していくからです。 


女神は我慢しません。 

だれかを救おうとか、 

素晴らしい人であろうとか、優れていようとか、 

そんな事は思っていません。 


ただただありのままの自分を愛しているだけです。 


唯一無二のありのままの 

パーフェクトな自分を愛する。 

たとえ見たくない自分の部分も愛するという事です。 


私も何度も苦しみ、遠回りもし、時間を無駄にしてきた。 

だけど、それも自分だけの、 

自分が通ってきた、大切な大切なたった一つの道なのだ。 


そう信じて生きてきた。 


「私は苦しみながらも、唯一無二の存在として生きている」 


そして、そんな女神を見て、周りは自然と影響されていきます。 

「私もあんな風に生きよう」と。 


だから、自分がやりたいことを見つけたら、想ったままに挑戦してください。 

失敗する? 成功する? 結果はやってみなければわからない。 

私達人間にわかる事なんて少なすぎる。 


先のことを考えすぎて、可能性を潰さないでください。 

どんな結果が出ようと、あなたが挑戦した事実は、あなたの貴重な経験になります。 


結果が大事なのではなく 

挑戦した事実が大事なのです。 


「人生は私の手の中にある」 

だから、あなたがやりたいと想ったことをやってみてください。 


これが正しい、これが間違っている。 

私達はこの地球で、常にジャッジを繰り返します。 


本当は、そんなものはない。 


あるとしたら、 

「自分にとっての正しさ」 

これだけです。 


【目次】 


半澤登志子Part はじめに 


第1章 女神は与える・受け取るを繰り返している 

1、幼少期から離れない「何をしたらいいの?」という悩み 

2、お金を稼ぐことに必死で倒れた私が聞いた「ある声」 

3、ヒーリングがきっかけで、パニック障害を克服 

4、理想の生活も周りの人の幸せも叶え続けられるヒーラーに 


第2章 女神はワガママに人生を生きていい 

1、「とりあえず」を口癖にしていませんか? 

2、女神は我がままに生きる 

3、誰もが女神になれる 

4、あなた自身が求めていることを明らかにして女神へ 


第3章 女神になるために大事な、たった2つのこと 

1、「変わりたい」に正直になる 

2、どうでもいいことに悩んでいたと気付く 


月島ゆみPart はじめに 


第1章 子育てが終わってから始まった「本当の私」 

1、子育てと仕事が中心だった、20代と30代 

2、子育てが終わった時に浮かんだ「これから何をして生きていこう?」 

3、ピンチをチャンスに変えるための、ビジネスへの挑戦 

4、挑戦したから手に入れられた「何歳でも変われる」の実感 


第2章 ママが第二の人生をうまく行かせるために意識してほしいこと 

1、年齢は関係ない 

2、セルフイメージをあげる 

3、自分の心に従う勇気を持つ 

4、人の言葉に耳を傾けて素直に聞いてみる 


第3章 人生が変わり始めた 

1、お金を稼ぐと決めたら人生は一変する 

2、心の余裕 

3、家族 


おわりに 


【著者プロフィール】 


・半澤登志子 


スピリチュアルヒーラー    

カウンセラー 

エステティシャン 

エステサロンオーナー 

マインドフルネススペシャリスト


1971年8月 横浜市生まれ 

岐阜県多治見市在住 

エステティックサロン なごみサロン 

ヒーリングサロン 

女神と龍のヒーリング を経営 


大学卒業後 

保険営業 化粧品販売 飲食店店長 

クラシックバレエ、ヨガ講師などを得てエステティシャンに。 

1万人以上の人と触れ合ううちに 

スピリチュアル能力に目覚めてヒーラー になる。

パニック障害、 

摂食障害を 

ヒーリングとマインドフルネスな 

瞑想で克服できた経験がある。 


教える事が大好きで 

各種ヒーリング講習をはじめ、 

現在は 

「地上の女神を増やす」ワークを提供する事で、 

人がより自分自身の人生を生き、 

幸せになるためのお手伝いをしている 

40歳で自閉症の子供を産んだ経験を活かし 

自閉症の子育てアドバイス 

親へのカウンセリングも勉強中 


趣味はヨガと旅行 

花を買うこと、ケーキを焼く事 

時々英語を勉強する事 


・月島ゆみ 


1972年7月生まれ 

出身   神奈川県 

現在は兵庫県在住 


22歳の時に結婚 

24歳の時に第1子出産 

その後第2子・第3子を出産 

3人のママに。 


椎間板ヘルニアになったことがきっかけでこのままではいけない、何かを変えなければと強く思いはじめる。 


旦那さんの夢を叶える為に 

子供達のやりたい事を本気で、応援する為に 

今の自分から変わりたい! 

今の生活を変えたい! 

と思い起業を決意。 


2018年から 

ママ起業家支援講師として 

女性が変わることで世界をも変えることができるを 

コンセプトに 

SNS起業を成功させたい 

すべての女性に対して支援を行う。 


日本最大級のビジネススクールに入り、ビジネスを一から学び直し行動したことで、3カ月で月商7桁を達成。 


現在は 

ビジネススクールの講師 

起業アドバイザー 

起業したことで夫婦仲も 

とても良くなった経験を生かし、夫婦円満アドバイザーとしても活動中。

GENRE
Self-Development
RELEASED
2019
March 21
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
37
Pages
PUBLISHER
半澤登志子・月島ゆみ
SELLER
KentaroOkawa
SIZE
2.2
MB