• $28.99

Publisher Description

【目的】

無料のクラウド量子計算IBM QXで、最新のQISKit Terra 0.6.1に対応した、Python言語を使ってクラウド量子計算を行う量子プログラミング入門書です。 クラウド量子計算を行うPythonプログラムについて解説した動作確認済みの実践的な入門書です。 量子コンピュータがビジネスで使える時代になってきており、それに備えた斬新な解説入門書です。テキストでは、64例のPythonコードで分かりやすく丁寧に解説していますので、定番の量子ゲートから量子アルゴリズムを学習する教材になると期待しています。


【概要】

IBM QXとPython開発環境から解説し、量子情報ソフト開発キットQISKit SDKのインストール方法とクラス構成、特徴を説明しています。そして、量子ゲートの基礎をPythonコードで実装し、コーディングについて説明しています。これらの量子ゲートを使い、量子アルゴリズムのPythonコードでの実装、量子通信プロトコルのPythonコードでの実装、グローバー探索アルゴリズムのPythonコードでの実装、量子フーリエ変換のPythonコードでの実装、ショアの因数分解アルゴリズムのPythonコードでの実装、そして、最後に、関数傾斜推定アルゴリズムのPythonコードでの実装を行なっています。これらのPythonコードを約140頁で丁寧に解説した本格的な入門書です。このテキストで十分にPythonコードによる量子プログラミングの基礎が習得できます。


【目次】

第1章 IBM QXとPython開発環境

第2章 量子情報ソフト開発キットQISKit SDK 

第3章 量子ゲートの基礎

第4章 量子アルゴリズム

第5章 量子通信プロトコル

第6章 グローバー探索アルゴリズム

第7章 量子フーリエ変換

第8章 ショアの因数分解アルゴリズム

関数傾斜推定アルゴリズム


【著者紹介】

中山 茂 (なかやま しげる) 京都生まれ。 京都大学大学院工学研究科博士課程修了後、上智大学、英国Reading大学、京都工芸繊維大学、兵庫教育大学、英国Oxford大学、鹿児島大学を経て、2014年に定年退職。


【著書】

「HotJava 入門」「HTML と JavaScript」(以上、工学図書)、「Turbo C、Turbo C++ グラフィックスプログラミング入門」「Fortress 言語」「量子アルゴリズム」「Java2 グラフィックスプログラミング入門」(以上、技報堂出版)、「Swift 言語入門」「Swift アプリ開発入門」「Swift Apple Watch アプリ開発入門」「クラウド量子計算入門」「Swift Mac アプリ開発入門」「Swift Playgrounds アプリデビュー」(以上、カットシステム)、「Swift Playgrounds iPadでミニゲームアプリ作成入門」「2018年版 診療放射線技師受験対策 医用工学速習」「Swift4 iPhoneX ミニゲームアプリ作成入門」「クラウド量子計算 量子アセンブラ入門」「Pythonクラウド量子計算QISKitバイブル」「Python量子プ ログ ラミング入門」「Cirq量子計算入門」「Cirq量子アルゴリズム入門」「Cirq量子アルゴリズムN- Queens問題入門」(以上、NextPublishing)など。

GENRE
Science & Nature
RELEASED
2019
January 6
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
145
Pages
PUBLISHER
中山 茂
SELLER
Nakayama Shigeru
SIZE
48.6
MB

More Books by 中山茂