ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未‪来‬

    • 3.5 • 6件の評価
    • ¥1,528

    • ¥1,528

発行者による作品情報

私たちはどこへ向かおうとしているのか。
人工知能や遺伝子工学といったテクノロジーとホモ・サピエンスの能力が合体したとき、
人類は何を求め、何のために生きるのか、そして世界に何が起きるのかを問う!

世界800万部突破の『サピエンス全史』著者が戦慄の未来を予言する、400万部突破のベストセラー!


人類はどこへ向かうのか?

生物はただのアルゴリズムであり、
コンピューターがあなたのすべてを把握する。
生物工学と情報工学の発達によって、
資本主義や民主主義、自由主義は崩壊していく。


「科学技術の終焉か? パンドラの箱が今開く。」
──山極壽一(京都大学総長)

「人類史と先端テクノロジーを見事に融合した傑作。」
──佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

ジャンル
ノンフィクション
ナレーター
茶川亜郎
言語
JA
日本語
ページ数
12:26
時間
発売日
2019年
6月14日
発行者
河出書房新社
サイズ
745.4
MB

リスナーはこちらも購入しています

2019年
2020年
2018年
2017年
2019年
2020年

このシリーズの他のブック