「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講‪義‬

    • 4.0 • 3件の評価
    • ¥1,782

    • ¥1,782

発行者による作品情報

イェール大学で23年連続の人気講義が、ついに日本上陸!

――人は必ず死ぬ。だからこそ、どう生きるべきか――


本書は、“DEATH(原書)"のChapter1、8~16の完訳と、
Chapter2~7の原著者自身の要約原稿の翻訳文による、日本縮約版です。
本書の縮約箇所は、文響社ウェブページにて、無料公開しております(2018年12月より)。

大好評、12万部突破!
○死とは何か
○人は、死ぬとどうなるのか
○死への「正しい接し方」――本当に、恐れたり、絶望したりすべきものなのか
○なぜ歳をとるごとに、「死への恐怖」は高まっていく?
○残りの寿命――あなたは知りたい? 知りたくない?
○「不死」が人を幸せにしない理由
○「死ぬときはみな、独り」というのは、本当か
○自殺はいつ、どんな状況なら許されるのか
○死が教える「人生の価値」の高め方

なぜ、余命宣告をされた学生は、
最後に"命をかけて"、
この講義を受けたのか!?

死を通すことでますます「生」が輝きを増す、世界的名著!

ジャンル
自己啓発
ナレーター
茶川亜郎
言語
JA
日本語
ページ数
15:12
時間
発売日
2019年
7月12日
発行者
文響社
サイズ
911.4
MB

カスタマーレビュー

aaaaaaaaabaaaaaaaaaaaa

難しい、、、

誰も死んだことないから、わからないことで、、、それをどうやって捉えるか、、、

人生は修行だと思えば、生き返りはあるのではないか?ないって思うことは、、、受け入れたくない、、、

リスナーはこちらも購入しています

2020年
2019年
2019年
2020年
2020年
2018年