• ¥458

発行者による作品情報

ラジオ日本・聴く図書室第108弾は、北大路魯山人の「若鮎の塩焼き」、ほか5編。美食家として名高い北大路魯山人の、夏の味覚についてのエッセイを送る。篆刻家、画家、陶芸家、書道家、そして料理家としても知られ、「美の巨人」ともいわれる魯山人先生。その文体からは追随を許さないこだわりと、博識ぶりが伝わってくる。それにしても、魯山人のエッセイには、女性が題材になっていることが少なくない。意外と言っては失礼だが、そこにどこかしら色っぽさもうかがえるのも一興。作品は「若鮎の塩焼き」「鱧、穴子、鰻の茶漬け」「胡瓜」「鮑の宿借り作り」「椎茸の話」「カンナとオンナ」。それぞれの食材を思い浮かべながらたんと味わってほしい。井田由美の朗読で送る。

ジャンル
ノンフィクション
ナレーター
井田由美
ページ数
00:25
時間
発売日
2011
11月25日
発行者
ラジオ日本
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
21.2
MB

リスナーはこちらも購入しています