• ¥2,100

発行者による作品情報

朝湯に行けばファンの知ったかぶりや一般読者の無責任な悪口を浴び、帰宅すれば版元の歯の浮く世辞や原稿の催促、同業者とは比較され、家人には理解されず、と浮いたり沈んだり心休まる間もない戯作者稼業。芸術家の同志・渡辺崋山との談義に慰められ、己を奮い立たせて今日も筆をとる。滝沢馬琴のある一日を題材に自己を投影した、芥川龍之介25歳の勢いに乗る名作。演出=水城雄。【演出・朗読者について】 作者25歳にして60代の馬琴に自己投影したこの作品を、芥川龍之介の若さゆえの自負心や惧れを生々しく感じるという“バロック朗読家”野々宮卯妙。とくに冒頭の文章にどんなリズムを与えるか苦心したそうですが、抑制しつつ独特の声がかもしだす卯妙ワールドが展開されています。(C)アイ文庫 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

ジャンル
フィクション
ナレーター
野々宮 卯妙
ページ数
01:33
時間
発売日
2015
6月24日
発行者
ことのは出版
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
72.7
MB

リスナーはこちらも購入しています