• ¥400

発行者による作品情報

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」のアーカイブパッケージ版です。

第101回 銭
石母田外記と共に旅籠を出た武蔵は、人の行き来の流れに目をくばっていた。お通と城太郎の行方が気になって仕方がないのである。外記に事情を話し、このあたりで別々な道を取りたいと言うと、彼は名残惜しみながらも別れ告げ、和田峠の方へ去って行った。その後、下諏訪の方へもどり思案にくれていると、武蔵の姿を見かけた宿場人足たちが声をかけてきた。

第102回 虫焚き
武蔵に鉄砲を撃ち、確かな手ごたえを感じていた二人組。安心しきって近づいていくと、武蔵の体はすぐに起き上がった。驚いた二人は再び銃を放つが、弾はあらぬ方向へと飛んでいく。業腹になり、武蔵にかかって行く二人組。武蔵には多少筋のあるようにも思われた彼らであったが、それでも武蔵の敵とは言えず、一撃ではね飛ばされてしまうのだった。


第103回 下り女郎衆
総勢四十名の女郎衆が伏見から江戸へ向かって歩いていた。その一行の中には朱美の姿もあった。途中、一行が程よい場所で弁当を食べながら休憩していたところへ、偶然にも佐々木小次郎が通りかかる。小次郎は吉岡の門人達と共に伏見の遊女屋を訪れた事があった。その関係で小次郎の事をよく知っていた女郎衆の主人・庄司甚内が彼に声を掛けてみたところ……。

第104回 火悪戯
城太郎が下男の助市を呼びに行くと、女郎衆の中にいた一人の少女に声をかけられる。声の主は朱美であった。朱美は武蔵の事を尋ねるべく城太郎を外へ連れ出すのだが、城太郎の話す内容は朱美にとって面白くないものであった。半ば自棄になった朱美は城太郎をある場所へ連れていくのだが……。

ジャンル
名作
ナレーター
浅科准平
ページ数
02:10
時間
発売日
2017
3月3日
発行者
オトバンク
言語
JA
日本語
サイズ
130.6
MB