• ¥1,000

発行者による作品情報

「依存症」といえば、アルコール、タバコ(ニコチン)、麻薬などを、普通では得られない「快楽」を求めて、

身の危険を顧みずにのめり込んで消費している人のイメージが私たちにはあります。


しかし実は、依存症の落とし穴はとても身近なものです。ご飯を食べるのを止められない、オンラインゲームで部屋にとじこもる。

次から次へと恋愛関係に身をやつす。こういったことも十分に依存症でありえます。


最新の国際的な定義では、これまでのアルコールや薬物といった、物質的な依存症だけでなく、

ギャンブルやオンラインゲームといった「行動に関する依存症」も含まれるようになりました。


まるで脳が乗っ取られたように、止めたいと思っても、止められなくなる、そこにはもはや「快楽」はなく、

ただ「脳の渇望」があるだけの世界、そうした状況に依存症の人たちは苦しんでいます。


本書では、〇アルコール、〇ニコチン、〇薬物といった古典的な依存症から、〇ギャンブル、〇オンラインという新たに依存症に含まれたもの。

さらに〇糖質依存、〇性的依存といった、まだ研究途上で公的な定義には含まれてはいないものの、十分に依存症的な症状があるものまで紹介します。


最新の依存症の研究と治療について、筑波大学教授の原田隆之先生が、身近な事例を用いながら、わかりやすく紹介します。

ジャンル
職業/技術
発売日
2021
March 18
言語
JA
日本語
ページ数
280
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
11.2
MB

原田隆之の他のブック